ドラゴンボール超 ブロリー

ドラゴンボール超の劇場版ブロリー観ました。

ちょっと予想外の設定というか。

(以下、ネタバレ注意)

 

 

 

ベジータ王はブロリーの潜在的な能力をおそれ

僻地とも言うべき星に飛ばしたこと。

スカウターに旧式のタイプがあったことw

悟空の母親はギネ!

バーダックが子供思いであり、

また意外と頭がいいこと。

そして何よりブロリーが純粋な心を持っていること。

 

正直、ゴジータの最後のかめはめ波は

残酷な一撃にすら思えました。

それくらい、なんかブロリー寄りに

観てしまう映画でした。

 

あとはドラゴンボールで

フリーザが背を5センチ伸ばしたいというw

不老不死はどうした!w

 

ナッパやラディッツの声なんか懐かしかったです。

あと小さい悟空が戦闘服着て

両親を寂しそうに見る姿もなんか

これまでにない描写でしたね。

 

ベジータのブルーでないゴッドも

初披露でした。

続編もなくはなさそうですね。

 

 


コメントは受け付けていません。