ラッキーマン

かなり懐かしくもありマニアックなところでもある

ラッキーマンについても触れておかなくては

いけないと思いまして。

 

設定が滅茶苦茶にも関わらず

どこか一貫性があって面白いというか。

 

主人公『ついてないよういち』が

らっきょを食べると強運ヒーロー

ラッキーマンに変身するというもの。

 

これ、大人になってから読み直すと

ほんの少しだけ深い部分に気づけるというか

 

ビジネスマンとして必要な資質に気づけたというか。

 

 

仕事をしている中で

『間が悪い』ってありません?

 

明らかに運が悪いことが失敗の原因だと思われるとき

このマンガを読むといろいろ気づきがありますよ!

 

運って大事です。

運を高めることは可能なようです。

 

そして、運は人が運んでくれたりします。

 

 

ちょっと今回はマンガの紹介とは

かなりズレてしまいました(^^;;

 

 


コメントを残す