ロボレーザービーム

ジャンプの新連載

ロボレーザービームがヒットの予感。

 

黒子のバスケの作者が描いたマンガとあって

キャラ設定とかギャグの差込みも似ていますが

 

スポーツの本質を突く部分がやはり王道かと。

 

主人公は黒子と同じく

感情を表に出さず、闘志を内に秘めてる感じですね。

 

そして、青峰大樹を思わせるライバルが

早くも出てきて

いろいろ引き込まれます。

 

 


コメントは受け付けていません。