黒子のバスケ

10年に1人と言われる逸材が

同じ中学に5人も集結して、

 

卒業後、バラバラの高校に進み

誰が一番強いのか?というのがベースで

進むストーリーで、

 

最強の中学時代に5人が一目置いていた

パス回しに特化した選手が主人公黒子というわけです。

 

主人公のスペックが標準以下という設定が

いいですね。

 

ドリブルもシュートも並の選手以下なのに

黒子が入るとチーム全体の機能が

飛躍的に高まるんですね。

 

パッとしない実力でも

誰かの役に立てるということを

気付かせてくれるいいマンガです!

 

 


コメントを残す