鬼滅の刃 無限列車編

2021年4月18日

劇場版鬼滅の刃『無限列車編』を遅ればせながら

観てきました。

今の入場特典はこれです。

レイトショー1300円で観れて

こんな感じの下敷きまでいただけてなんか凄い得した気分で座席に座ったわけですが

 

映画始まったらそんなこと忘れるくらい衝撃的でした。

ジャンプやコミックで読むのとはワケが違う臨場感。

そして丹治郎の感情表現が見事でした。

 

煉獄さんのキャラ設定も素晴らしかったです。

原作読んでた頃は少し機械的な印象の強い柱のイメージでしたが

映画では文字通り熱い漢でしたね。

 

この映画って鬼滅の刃の連載の中のまだ初期の方なんですよね。

この続きがアニメか映画で続くんでしょうけど

ホント凄い作品だと改めて感じた次第です。