一歩 再起のフラグ

2021年7月11日

今週のマガジンはヒントというか希望というか

一歩の再起のフラグと取れるコマがありました。

 

鷹村がお賽銭を入れて鐘を鳴らしてました。

そして一歩へ意味深な問いかけもしてました。

秤にかけてボクシングより重いものはあるか、という問いに

一歩は「母です」と即答してました。

 

それを聞いて鷹村は「おれ一人でやるか」とのセリフがありました。

おそらく鷹村は会長が生きてるうちに

会長が満足する結果を残したい、と考えているんじゃないかと思われます。

 

会長が「いつか東京ドームで試合をしてみたい」的な話をしていたことを

一歩が鷹村に話したあたりから

鷹村は一歩を巻き込んでの構想を練ってるように感じます。

 

少し前までは一歩の故障を見抜き

引退へそれとなく誘導していた節がありました。

おそらくそれは会長をガッカリさせないための配慮なのでしょう。

 

ただ、会長の夢を聞いてからは

鷹村はガチで東京ドームでの試合開催を考えていると思うんですよね。

 

で、それなりの観客動員を考えた場合

一歩とともに世界タイトルマッチをすることで

実現できるのではないか?

 

という予想をしてみました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】はじめの一歩 1-127巻 未完結全巻アウトレットセット 講談社 森川 ジョージ
価格:18980円(税込、送料無料) (2021/2/11時点)

楽天で購入