突出した能力と自己重要感

黒子のバスケを読んでの気づきはたくさんありますが 突出した能力を持つと役に立ってる感というか自己重要感が満たされる ということに気づきました。 黒子のバスケの主人公黒子は平均的な選手以下の能力でしたが 存在感を消してス回しに特化したことで 奇跡の世代5人の中でプレーできたわけです。 普通、あの化け物じみたメンバーの中にいたら 『どう

続きを読む

黒子のバスケ

10年に1人と言われる逸材が 同じ中学に5人も集結して、 卒業後、バラバラの高校に進み 誰が一番強いのか?というのがベースで 進むストーリーで、 最強の中学時代に5人が一目置いていた パス回しに特化した選手が主人公黒子というわけです。 主人公のスペックが標準以下という設定が いいですね。 ドリブルもシュートも並の

続きを読む